過去の経験は未来への宝 〜技能・能力・経験を語る

過去の経験は未来への宝 〜技能・能力・経験を語る

次に、尋ねられるのは、どのような職務を経験してきて、どのような能力・技能があるかです。ここで、自分の得意なこと、長所、特殊技能や能力を十分にアピールしましょう。こんな自己アピールはどうでしょうか。
「これまで、地域紙・雑誌・単行本と、多岐にわたるジャンルの編集に携わるチャンスがありましたので、それぞれの分野の編集に関わる特別な注意点や特徴をほぼ把握している、と自負しています。私が考える編集とは、読者が本当に求めているコンテンツは何なのかを正確にかぎつけ、それを、もっとも理解しやすく、受け入れやすい形で提供することにより、読者に、感動と満足を与えるものだと思いますので、多種のジャンルの編集に関わってきたこの経験は非常に貴重だと感じています。
編集は全てコンピュータを通じての業務でしたので、編集は、QuarkXPress6、Photoshop CS3、Illustrator CS3で行っていました。操作は習熟しています。」
この自己アピールは、これまでの経験を述べるにとどまっています。自己アピールで経験を述べることは大切な一要素ですが、その上で、これからの業務をどのように進めていきたいか、ビジネスビジョンを示すことが重要です。